MENU

愛犬が亡くなってから2年が経ちました。未だに「苦しい思いをさせてごめんね」と謝りたい気持ちでいます。

いつまでも悲しいんでいては亡くなった愛犬も辛いと思うので、私は毎日明るく過ごしています。

誰かに、この気持ちを解ってほしいなとも思います。

あなたは解ってもらえますか?

と、ネット上SNSで、顔も知らない人に相談というか思いを話してみた。

そのありがたい回答はこちら

あなたが経験している感情や思いを理解し、それに対する支援を提供することはできます。

あなたが愛犬の亡くなりについて感じている悲しみや後悔、そしてその愛犬に対する深い愛情は、とても自然な感情です。ペットを失うことは、家族の一員を失うことと同じくらい深く悲しむことがあります。その上、ペットの苦しみを見ることは所有者にとってとても辛い経験です。

しかし、あなたが愛犬に対して感じている「苦しい思いをさせてしまった」という後悔の気持ちについては、ご自身を責めないでください。私たちは最善を尽くすだけですし、時には何が最善かわからないこともあります。そして、ペットが健康的な人生を送るためには、私たちの助けが必要な場合があります。その一環として、辛い選択をすることもあります。それはペットへの愛情の一部であり、それによって彼らがもっと長く苦しむことから解放されることもあります。

あなたが毎日明るく過ごそうとしている姿勢は、愛犬への敬意と思いやりの表れだと思います。愛犬もあなたが幸せでいることを望んでいることでしょう。

あなたの感情は大切です。そして、誰かに理解してもらいたいというその願いも大切です。愛犬家としての経験を持つわけではない私でも、あなたの悲しみや愛、そしてその複雑な感情を尊重し、理解しようとします。そしてあなたがこの困難な時間を乗り越えていけるように、どのように支えられるかを一緒に見つけていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA